信託受益権の形態、森林法による森林...

信託受益権とは?

信託受益権というのは、
不動産信託に関する権利のことです。

 

具体的には、信託銀行に、資産※を信託し、
その資産から生まれる
収益と元本を受け取る権利のことをいいます。

 

※債権や不動産などです。

信託受益権の形態は?

信託受益権には、次のような形態があります。

 

■自益信託 
⇒ 委託者に帰属する場合です。

 

■他益信託 
⇒ 第三者に帰属する場合です。

森林とは?

森林というのは、
林業に関する法律用語です。

森林法による森林の定義は?

森林法では、
森林は、原則として、
木竹が集団して生育している土地と、
その土地の上にある立木竹、

 

あるいは、木竹の集団的な生育に供される土地
であると定義されています。

森林法とは?

森林法というのは、
林業に関する法律のことです。

 

森林法では、森林の保続培養と
森林生産力の増進を図るための、
森林計画、保安林その他の森林に関する
基本事項等が規定されています。

 

スポンサーリンク