民法上の所有権、劣後ローン、人口集中地区、スーパー堤防...

所有権とは?

所有権というのは、
民法が定める、
物を直接支配する権利のことです。

 

具体的には、目的物を直接的、
全面的に支配することのできる権利で、
財産権の中核をなしているものです。

民法上の所有権は?

民法では、所有権の内容を、
法令の制限内において
自由に使用・収益・処分ができる旨を規定しています。

 

また、特に土地の所有権は、
有効に支配し利用しうる範囲において
その土地の上下に及びますが、

 

相隣者相互間では、
お互いに若干の制限に服することがあります。

劣後ローンとは?

劣後ローンというのは、
1990年6月に解禁されたもので、

 

貸出先が倒産した時などに、
他の通常の融資の回収が終わってからでないと
返済が受けられない
無担保の貸出債権のことをいいます。

 

スポンサーリンク

劣後ローンの貸出期間は?

劣後ローンの
貸出期間は、5年超です。

劣後ローンの金利は?

劣後ローンの金利は、
長期プライムレート(最優遇貸出金利)
を基準にした変動金利のケースが多いです。

人口集中地区とは?

人口集中地区というのは、
国勢調査で用いられる地域区分のことです。

 

具体的には、都市的地域の特質を明らかにする
統計上の地域単位で、

 

市区町村の境域内で
人口密度の高い基本単位区※が隣接していて、
その人口が5,000人以上となる地域のことをいいます。

 

※原則として、人口密度が1Ku当たり4,000人以上です。

スーパー堤防とは?

スーパー堤防というのは、河川施設のことです。

 

わかりやすくいうと、高規格堤防と同じです。

 

スポンサーリンク