小規模宅地等の相続税の課税価格の計算の特例、商圏...

小規模宅地等の相続税の課税価格の計算の特例とは?

相続人の事業や
居住の継続に配慮した特例のことを、
小規模宅地等の相続税の課税価格の計算の特例といいます。

 

具体的には、課税価格を減額して
税負担を軽減する制度のことをいいます。

相続税の課税価格に算入すべき価格は?

個人が相続や遺贈によって取得した宅地等のうち、
相続税の課税価格に算入すべき価格は、
以下のものを合計し400uを限度として調整計算します。

 

■被相続人が営んでいた事業を引き続き営んでいる場合の事業用宅地等のうち、
400uまでの部分はその評価額の20%

 

■不動産貸付の用に供されていた宅地等で、
上記以外の200uまでの部分は、その評価額の50%

 

ちなみに、申告期限までに未分割の宅地等には、
原則として適用されません。

商圏とは?

商業の顧客吸収エリアを表す用語を
商圏といいます。

 

具体的には、商業施設に対して
居住者が常時買い物に来る範囲のことをいいます。

 

なお、これを小売業側から見ると、
商業力が「顧客を吸引している範囲」となります。

「顧客を吸引している範囲」とは?

「顧客を吸引している範囲」については、
買い物に来る頻度や依存度に応じて、
次のような分類があります。

 

■第一次商圏
■第二次商圏
■第三次商圏
■影響圏

 

スポンサーリンク