収用委員会、収用等の場合の課税の特例、利用差止口座...

収用委員会とは?

収用委員会というのは、
行政委員会のことをです。

 

具体的には、土地収用法に基づいて
都道府県に置かれていて、

 

公正中立な立場で心理や調査等を行い、
起業者、土地所有者、関係人の主張について、
最終的な判断を下す組織のことをいいます。

収用委員会の構成は?

収用委員会は、
都道府県知事が任命した
人から構成されます。

収用等の場合の課税の特例とは?

収用等に認められた租税特別措置法のことを
収用等の場合の課税の特例といいます。

 

具体的には、土地や借地権、
建物等の棚卸資産以外の資産が、
土地収用法等特定の法律の規定によって、
または収用権が認められる公共事業のために、

 

収用、買取り、消滅、取壊し等されて、
補償金等を取得した場合に認められる
課税の特例のことをいいます。

 

スポンサーリンク

収用等の場合の課税の特例の選択

収用等の場合の課税の特例は、
次のいずれかの特例を選択して適用することができます。

 

■代替資産の取得による課税の繰り延べ
■5,000万円の特別控除

利用差止口座とは?

利用差止口座というのは、
不払い、不正使用などの理由によって、
カード利用をカード会社から
差し止められたカード会員の口座のことをいいます。

両端とは?

両端(りょうは)というのは、
利息計算の際、
借入日と返済日の両方の日数を
勘定に入れて計算することをいいます。

 

なお、利息の計算は、民法140条で
「初日不算入の原則」が規定されています。

 

スポンサーリンク