収益還元法、収益分析法、住宅街区整備促進区域...

収益還元法とは?@

価格を求める鑑定評価手法のことで、
不動産の鑑定評価方式である
収益方式のうち、

 

不動産の価格を求める手法のことを
収益還元法といいます。

収益還元法とは?A

具体的には、
対象不動産が将来生み出すであろう
純収益の価格時点における現価の総和をもって
その不動産の価格とする手法です。

収益還元法の求め方

収益還元法では、
不動産の純収益を
適正な還元利回りで還元することにより求めます。

 

スポンサーリンク

収益分析法とは?

賃料を求める鑑定評価手法のことを
収益分析法といいます。

 

具体的には、不動産の鑑定評価方式である収益方式のうち、
賃料を求める手法のことをいいます。

収益分析法が適用されるのは?

収益分析法は、
一般の企業経営に関わる不動産について、
その収益力を基に
賃料を求めようとする場合に適用されます。

収益分析法の求め方は?

収益分析法は、
一般の企業経営に関わる純収益を
営業利益としてとらえ、
これに必要諸経費等を加えて求めます。

住宅街区整備促進区域とは?

促進地域の1つを
住宅街区整備促進区域といいます。

促進地域の1つを住宅街区整備促進区域といいます。

住宅街区整備促進区域の指定には、
まず、大都市地域内の市街化区域の土地のうち、

 

高度利用地区内で、
かつ、その区域の大部分が所定の用途地域
あるいは区域内にあること等の
要件を満たしていることが必要です。

 

さらに、区域を住宅街区として整備することが、
都市機能の増進と住宅不足の緩和に
貢献する場合でなければなりません。

住宅街区整備促進区域が指定できるのは?

住宅街区整備促進区域の指定には、まず、大都市地域内の市街化区域の土地のうち、高度利用地区内で、かつ、その区域の大部分が所定の用途地域あるいは区域内にあること等の要件を満たしていることが必要です。

 

さらに、区域を住宅街区として整備することが、都市機能の増進と住宅不足の緩和に貢献する場合でなければなりません。

 

スポンサーリンク