地代家賃増減額請求権・指定流通機構、実測図と地積の測量図...

地代家賃増減額請求権とは?

地代家賃増減額請求権というのは、
借地借家法が定める
当事者間の利害調整手段のことです。

 

具体的には、借地・借家契約の当事者が、
公租公課、地価の高騰その他の事情の変更により、
約定の地代、家賃が不相応となった場合に、

 

相手方に
その増額または減額を
請求することができる権利のことをいいます。

指定流通機構とは?

指定流通機構というのは、
宅地建物取引に関する法律用語です。

 

宅地建物取引業法では、
指定流通機構は、

 

専任媒介契約を締結した宅地建物取引業者が
相手方を探索するため、
その目的物に関する事項を登録する相手として、
国土交通大臣が指定する機関であると規定しています。

実測図とは?

実測図というのは、
測量成果を表す図面のことで、
一般的には、土地の面積(平面)、
高低(断面)の現況を測量した図面を意味します。

 

この実測図には、
次のようなものが明示されています。

 

■測量に必要な座標点
■測量区間の数値
■算出された面積
■作成者...など

実測図と地積の測量図

土地の実測平面図というのは、
通常は、現況の境界(占有界)に基づいて
測量されることが多いので、

 

不動産登記法における
地積の測量図(地積測量図)とは、
必ずしも一致しません。

 

スポンサーリンク