連帯債務者の役割は?

住宅金融支援機構の住宅ローンで連帯債務者が必要になるのは?@

住宅金融支援機構の住宅ローンで
連帯債務者が必要になるのは、
以下のようなケースです。

 

■収入合算をするケース
■共有にするケース
■親子リレー返済を利用するケース

住宅金融支援機構の住宅ローンで連帯債務者が必要になるのは?A

なお、収入合算をするケースと
親子リレー返済を利用するケースでは、

 

住宅ローンの申込段階で、
連帯債務者になる人の収入についての
公的証明書が必要です。

連帯債務者にはどのような責任があるのでしょうか?

連帯債務というのは、同じ債務について、
各自がそれぞれ独立して
全責任を負い債務を履行することです。

 

なので、連帯債務の場合には、
債務者の中の誰か1人が債務を返済すれば、
他の債務者の債務は削減されることになります。

共有持分の場合の連帯債務はどうなるのですか?

債務の負担が
あらかじめ決められている共有持分などのケースでは、
共有持分の部分での債務履行になります。

 

よって、もしそれ以上の債務を負担したのであれば、
他の債務者に対して
その負担した分の請求(求償権)をすることが可能です。

 

たとえば、借主と連帯債務者が所有権を
2分の1ずつ共有している場合で、
借主が返済不能になったときを考えます。

 

このケースでは、
もし連帯債務者が債務を全額返済したとしたら、
連帯債務者は、借主に対して
2分の1の債権を請求することができることになります。

 

スポンサーリンク