保証機関の役割とは?/保証機関と保証債務の履行

住宅ローンを組む際、保証機関はどのような役割を担っているの?

住宅ローンを組む際には、
保証料は高いですが、
保証機関を利用すると保証人が不要になります。

 

そういう意味では、保証機関は
住宅ローンを組みやすくするシステム
といえるかもしれませんね。

財形住宅融資やフラット35の保証はどうなっているの?

住宅金融支援機構が窓口となっている
財形住宅融資やフラット35などの融資については、
保証人の要件は不要となっています。

 

また、保証料を支払う必要もありません。

民間金融機関の場合は保証はどうなっているの?

民間金融機関の場合は、
保証料相当分を融資金利に上乗せするケース
(内枠方式)と、

 

保証料を支払うことで、保証会社が保証人になる機関保証
(外枠方式)とがあります。

 

たとえば、機関保証(外枠方式)のケースでは、
融資額100万円当たりの返済期間別に表示されますが、

 

融資利率に保証料相当分(約0.2%)
を上乗せした分割後払い(内枠方式)もあり、
利用者が自由に選択できる金融機関もあります。

 

なお、このケースでは、
内枠方式の方が総返済額は多くなります。

 

スポンサーリンク

保証機関に保証料を支払ってから融資の実行までの流れは?

保証機関に保証料を支払ってから
融資の実行までの流れは以下のようです。

 

■保証機関に債務者が保証料を支払う。
     ↓
■保証機関が債権者に保証委託契約証書を預け入れる。
     ↓
■抵当権の設定登記が終了する。
     ↓
■融資が実行される。

住宅ローン利用者が返済不能になった場合はどうなるのですか?

もしも、住宅ローン利用者(債務者)が
住宅ローンを返済できなくなった場合には、

 

延滞した月から6か月以降に、
債権者である貸主は、保証機関に
保証債務の履行を請求することになります。

 

この保証債務の履行を請求することによって、
債権者の債権は回収されることになります。

 

一方、保証機関は、
貸主に対して、借主の代わりに、
住宅ローンの残債分の支払いをしましたので、

 

その分の弁済金を償還するように
住宅ローン利用者(借主)に求めることになります。
これが求償権です。

 

保証機関による保証というのは、
融資を受けるために必要なものですが、
それは決して返済不能になった人を
救済するシステムではありませんので注意したいところです。

 

スポンサーリンク