フラット35と民間融資の利用の仕方は?

フラット35と民間融資の利用の仕方について@

フラット35と民間住宅ローンを
どのように利用するのがベストなのかというのは、
なかなか難しいところではありますが、

 

住宅金融公庫がなくなった現在、
公庫融資よりも
より利用しやすくなったフラット35を軸にした
資金計画を立てたいところです。

フラット35と民間融資の利用の仕方についてA

そのためにも、銀行ローンとフラット35の
メリットやデメリットといった特徴を
よく理解することが重要で、
できれば事前に金融機関に相談するとよいでしょう。

民間住宅ローンの特徴について

銀行などの民間住宅ローンの
特徴は以下のようなものですが、

 

こちらの場合は
自分の希望に合った内容の
金融機関を選ぶことが可能です。

 

●建築基準法などに適合する建物であれば、
金融機関の判断で融資ができます。

 

●変動金利型や低利な短期固定金利選択型など
色々なタイプが用意されていますが、
融資条件は、金融機関によって異なるので
事前によく確認することが大切になってきます。

 

スポンサーリンク

フラット35の特徴について

フラット35には以下のような優れたところがあります。

 

●融資の対象になる住宅には、住宅金融支援機構が定めた
一定の技術水準への適合が求められるため、
物件の一定の品質と安全が確保されます。

 

●融資条件は全国一律で、長期固定金利、保証料がかからないなど、
借りやすく返しやすいローンです。

 

●3大疾病保障付機構団体信用生命保険が用意されていたり、返
済に支障が生じる前に返済方法の変更ができる体制が備わっていたりと、
返済中も安心感が得られます。

フラット35の仕組みについて

フラット35の仕組みは、
住宅金融支援機構が
民間金融機関の住宅ローン債券を買い取り
それを投資家に売却し資金調達を図ることで、

 

民間金融機関が、
長期固定の融資を実現できるように
支援するというものです。

 

フラット35という名称自体は、
金融機関によって異なることがあるかもしれませんが、

 

住宅金融公庫の廃止後も、
引き続きマイホームを取得する人が
長期で低利のローンを借りられるようにと、
かなり利用しやすくなっています。

フラット35の特徴について

金融機関により異なりますが、
平成19年5月時点では、フラット35の金利は
平均3.028%となっています。

 

また、フラット35の取扱金融機関も
全国で340を超えていて、利用者の数も増えています。

 

フラット35は、長期完全固定で
低金利がメリットとなっているため、
とても利用価値の高い住宅ローンになっています。

 

よって 、資金計画を立てる際には、
まずはフラット35を利用した場合の
借入金額や返済額を調べてみて、

 

それを軸にして、民間金融機関の住宅ローンなども
検討していくとよいと思われます。

 

スポンサーリンク