フラット35の利点と特徴は?/仕組みは?

フラット35のメリットについて@

フラット35のメリットとしては、
次のようなものがあります。

 

●ノンバンクを含む全国の金融機関が取扱金融機関となっているので、
各金融機関の金利などを比較することで
より有利なものを選ぶことができます。

フラット35のメリットについてA

●物件検査を受けているので、
耐久性や断熱性など住宅の質が確保されています。

 

●融資金利は、最長35年の長期固定金利型です。

 

●保証料と繰上返済手数料は無料です。

フラット35の特徴について

フラット35は証券化ローンとも呼ばれていますが、
その特徴としては、

 

住宅金融支援機構が住宅ローン債券を買い取ることで、
ノンバンクを含めた民間金融機関の
長期返済・固定金利型を支援しているローンである
ということがあげられます。

 

つまり、あくまでも融資するのは民間金融機関であって、
資金調達については、
住宅金融支援機構は協力するだけ
という仕組みになっています。

 

しかしながら、フラット35という名称や商品内容は同様であっても、
手数料や金利などは各金融機関ごとに異なりますので、
よく比較検討した上で利用するようにしましょう。

 

なお、一部の金融機関では、
段階金利制も採用しています。

 

スポンサーリンク

フラット35の仕組みは?

フラット35の仕組みは、
以下のような流れになっています。

 

■民間金融機関は貸し出した住宅ローン債券を
住宅金融支援機構に売却することで資金調達を行います。
     ↓
■住宅金融支援機構は、買い取った住宅ローン債券を証券化して、
それを投資家に販売します。
     ↓
■住宅金融支援機構は、その見返りに住宅ローンの返済者から受け取った
返済金から経費などを差し引いて投資家に配当します。

 

これによると、住宅ローン債権は、
民間金融機関から住宅金融支援機構に移行することになりますが、
返済期間や融資金利が変わることはありません。

 

また、返済の手続きも引き続き
融資の申し込みをした民間金融機関が窓口になります。

フラット35の誕生の背景について

民間金融機関の融資資金というのは、
その原資が主に定期預金等であることから、
どうしても長期固定金利型の住宅ローン商品を
販売することは困難であるとされてきました。

 

しかしながら、住宅金融支援機構が民間金融機関を
支援するという仕組みが導入されたことにより、
フラット35として、民間金融機関でも
長期固定型の商品が販売できるようになりました。

 

具体的には、上記のように
住宅ローン債券を証券化するので、
フラット35を総称して証券化ローンと呼ぶこともあります。

 

スポンサーリンク