倫理プログラム、倫理法令遵守マネジメントシステム...

倫理プログラムとは?

倫理プログラムというのは、
企業倫理を実践していくうえで必要とされる
基本的な仕組みなどのことをいいます。

 

ちなみに、倫理プログラムは、
一般的には、次の4つに大別されています。

倫理プログラムの分類

倫理プログラムは、一般的には、
次の4つに大別されています。

 

●倫理綱領、企業行動憲章、企業行動指針などを
策定、明文化し、内外に宣言します。

 

●担当役員を任命し、倫理委員会やコンプライアンス委員会などを設け、
また、専任部署として倫理室やコンプライアンス部などを設置します。

 

●実践のために策定した倫理綱領やその精神を浸透させるため、
教育研修制度や実践支援ツール類を制作し、浸透活動体制を整えます。

 

●役職員からの相談などの声を聞くためのホットラインを設けます。

 

また、倫理検査を実施する一方、定期的に役職員の意識調査を実施するなどの
企業倫理実践へのフォロー体制を整備します。

倫理法令遵守マネジメントシステムとは?

倫理法令遵守マネジメントシステムというのは、
1999年5月に、
麗澤大学国際経済学部高巌助教授らが中心となり発表した
倫理法令遵守体制に関する規格のことです。

 

スポンサーリンク

倫理法令遵守マネジメントシステムの内容は?

倫理法令遵守マネジメントシステムは、
企業が法令を遵守し、
企業倫理の実践を推進していくうえで、

 

どのようなマネジメントシステムを構築すればよいかを
体系的に示したものです。

倫理法令遵守マネジメントシステムの目的は?

倫理法令遵守マネジメントシステムは、
次のような使用目的をねらいとしています。

 

●これから倫理法令遵守の体制を構築しようとする企業が、
「構築ガイド」として使用する。

 

●すでに倫理法令遵守の体制を構築している企業が、
その有効性を確かめるための「チェックリスト」として使用する。

 

●企業が自ら倫理法令遵守体制が有効であることを公表するための、
「自己認証基準」として使用する。

 

スポンサーリンク